« フィジー留学 | トップページ

2012年5月 4日 (金)

宅地建物取引主任者資格


今回の宅地建物取引主任者資格のことは、いろんな媒体で語られるケースも多いですよね。その上、宅地建物取引主任者資格は、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、大事事項の説明等を行う国家資格者です。宅地建物取引主任者資格の話を紹介します。ところで、宅地建物取引主任者資格ができる仕事とはなんでしょうか?言いかえると、宅地建物取引主任者でなければ出来ない仕事とも言えます。それなら、この宅地建物取引主任者でないと出来ない仕事とは、大事事項の説明、大事事項説明書への記名押印、37条書面への記名押印の三つになります。通称宅建(たっけん)といわれます。大事事項とは、37条書面とはとおもわれる方も多いかと思います。
宅地建物取引主任者資格。そうですね。さらに、大事事項や37条書面の問題を落とすと宅建試験の合格は厳しい可能性があります。その上、これは試験勉強をしていく上で必ず出てきますので、重点項目として勉強してください今回は宅地建物取引主任者資格は、他の方が語られる機会も増えていますよね。宅地建物取引主任者資格を学習する上で大きな比重をしめるのが民法を中心とする「権利関係」です。宅地建物取引業を行うには、従業員5人につき専任の宅建主任者を1人設置しなくてはいけません、よく言われますが。ですから不動産業において、常にニーズの高い人気の資格になっています。また、試験形式が4肢択一(4つの肢から正解の肢を一つ選択)のマークシート形式ですので受験もしやすくなっています、どうでしょう


にきび エステ


ゴールデンウィーク送料無料キャンペーンをしていますよ今、上質な一枚をおすすめします。

楽し!で農作業をしながら楽しんでいました。



« フィジー留学 | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宅地建物取引主任者資格:

« フィジー留学 | トップページ

無料ブログはココログ